2015年09月10日

車の売却する方法(下取りを含む)

車の売却する方法(下取りを含む)



車買取サイトは、自動車の所有者にとって、ちょー便利でおトクなシステムであることは既にご存じの通りです。


ですが、他の方法も簡単にでも理解していれば車買取サイトの便利さが、よけいに実感出来るでしょう。


売却方法はいくつかありますが、あなたがトライ出来る手法としてはこれぐらいでしょうか。



  • 親戚や知人に譲る
  • 業者オークションに自分でだす

  • 業者向けオークションの代行業者を使う

  • ヤフオクで個人間のオークション

  • 言われるままディーラにお願いする

  • 自分で中古車屋さんに車を持ち込む

  • ネットの一括査定サイトを使う



車専門業者のオークションにも、個人が出すことも可能ですが、車のプロを相手に状況に飲み込まれることなく冷静に、かつ、スムーズにオークションを終えることは簡単ではありません。



また、オークション代行業者を使うことも出来ますが、5万円前後は用意する必要があります。(つまり、マイナス5万円からのスタートです)



「親戚や知人に譲る」「個人オークション(ヤフオクなど)」も選択肢ではありますが、双方が素人なので用意すべき書類の作成に時間がかかったり、不備があったりと想像以上に手間取るのがよく見られるパターンです。また、お金の面でのトラブルも心配です。



これらの手数料や手間、ストレスを受けるぐらいなら、車買取サイトから車買取業者に依頼したほうがどれほどラクでしょうか。車の査定は自宅など指定した場所(出張査定)で、しかも無料なんですから。



複数の業者を競わせると、これまた意外な査定額を提示されることもあります。



「ズバット車買取比較」の調査では、査定額の上限と下限の差で平均で16万円の差が生じ、下取りより買取りのほうが30万円以上高く売れたケースも15%以上、というデータがあります。



そのなかで、50万円以上の差が出たケースも6.4%です。



あなたは、この差をスルー出来ますか?



関連の車買取サイト



11年落ち中古車を売却.xyz

車買取査定site.xyz

自動車無料査定の電話.xyz

13年落ち中古車でも売却.xyz

9年落ち中古車を売却.xyz

posted by かつて車を下取りだして損したのは私です(笑) at 22:12| 車のある生活

顧客の満足度と「中古車買取業者」の選び方

車下取りの満足度のグラフ

顧客の満足度からみる「中古車買取業者」の選び方



「オリコンの顧客満足度調査2015」のデータから、わたしが満足度グラフを作ってみました。



調査対象は、アップル、カーセブン、ユーポス、ジャック、、T-UP、カーチス、ハナテン、ラビット、ガリバー、ビッグモーターです。



これらは、車買取の大手業者も含む、車買取企業の中堅以上10社ですが、エリアによっては展開していない企業もあるので、全部がご存知ではないかもしれません。



とはいえ、中古車買取サイトを利用する場合は、この中からオファーがあるはずです。



もちろん、これ以外の地元の買取業者さんからも査定依頼の連絡があると思いますが買取業者の動向をわかるにはよいデータになると思います。




アップル(車買取・中古車査定)の総合評価が高い



2015年版のオリコン顧客満足度調査においては全体でみると「アップル」の評価が高いようです。



唯一、会社の信頼性で「T-UP」(トヨタ系の買取業者)にトップの座を奪われていますが、「会社の信頼性」の項目以外は一位なのですからもちろんですね。



アフターサービスでの評価が高いのは注目すべきでしょう。



「車買取業者のアフターサービス?」と、そのイメージすら湧きにくいですが、端的に言えば「売った後のトラブルが少ない」と考えて良いでしょう。



愛車を売ったあとに「故障箇所が見つかった」などと言い出す業者もあると聞きますから、そういった業者の満足度は下がります。




ジャック、カーセブンなどの中古車買取店も評価が高い



「ジャック」は、近畿地方以外で知名度が低いのが原因でしょうか、会社の信頼度という点では評価が高くはありません。



しかし、見積査定時と買取価格での満足度がほぼ変わらず(他社の多くは下落)ポイントが高いです。




「カーセブン」「ユーポス」も、概ねバランスが取れています。




知名度だけで買取業者を選ぶと…



担当者の対応に関しては、査定士さん次第ですが、私が対応した査定士さんは皆さん丁寧でした。



しかし、全国チェーンの買取業者でも、あなたの住むエリアの支店や担当者の資質に因るところが大きいのですが、有名だから…で選択するのは間違いだと思います。



ちなみに、私は「クレーム安心保証」がある業者に売却しました。



保証料は、1万円(売却価格により増減)でしたが、受け渡し後にクレームが発生しない契約で、そう高くないと思いました。



本当の買取価格は交渉中ははっきりと提示されませんので、査定の終わった時点で、有効期限つきの見積書をもらうなどしてください。



頑なに拒否するようなら、その業者の評価を下げて他の業者の査定に移りましょう。



そのような業者は、口頭での見積額と実際の買取金額(他の業者を排除したあとに悪い箇所を指摘して値を下げる)に大きな差が出る場合が多いのです。



車の買取サイトは利用しないと損(数万円から50万円以上も!)をしますが、そこはご注意くださいね。




業者を増やすことで買取を有利に



たったひとつの業者にしか依頼しなければ、車買取業者に従うしかありませんが、複数業者に依頼していれば選択肢はあなたにあります。



最後に、あなたがいちばんトクをする業者に売却すればいいんです。



もちろん、提示された査定額に納得いかなければ、売却を見送ることも可能です。



車下取りの相場や買取の関連サイト





自動車の下取りを考える.xyz

中古車オークションより買取サイト.xyz

中古車査定site.xyz

中古車を無料で査定して買取.xyz

5年落ち中古車の売却.xyz
posted by かつて車を下取りだして損したのは私です(笑) at 22:06| 車のある生活